【21世紀リサイタル】

―うたと唐十郎「四角いジャングル」2011版―
唐十郎が初めて劇中歌を書いたのが1965年『煉夢術』。
以来、現在に至るまで、紅テントの帰り道に口ずさんだあの歌この歌がここに大集結する。

もちろんこれは73年に行われた伝説のリサイタルである「四角いジャングルで歌う」の現代版だ。
ボクサー姿の唐十郎を筆頭に、出演は豪華面々。
これを見逃した唐ファンが一生後悔するだろうことは間違いない。
集え聴衆よ。そして、「ジョン・シルバーの唄」を合唱せよ!

出演: 唐十郎、大久保鷹、十貫寺梅軒、安保由夫、
    稲荷卓央、渡会久美子、近藤結宥花、椎野裕美子 他
演奏: 小室等、張紅陽(めいな.co)、大貫誉、サトウユウスケ、NRQ + 向島ゆり子




【時間】 2011年11月4日(金) 18:30 開場 / 19:00 開演
【会場】 赤レンガ倉庫1号館 3Fホール
【料金】 当日/4,800円
     (自由席・予約番号順に入場)





当日写真




撮影: 首藤幹夫